可視光通信の仕組みと役割

インターネットを始め様々なインフラに欠かせない光通信技術

PCの回路図が取得できるなあが可能であれば、LCDへの配線一部のサインを電波にしてと思いましたが、そんなんは不用です。画面のインターフェースは、HDMIやDVIどいろいろあるので、その電気個性を調べて、光伝送のプロバビリティーを調べて、実現可能です。複数の光線を使えば、RGBのサインも送れるし。

卒論は、本当に作る必須は無いのであれば、論理武装だけで、プロバビリティーを追求できます。単に、デジタル一部を光線化するだけなので。ただ、画面のピッチに反応するLEDと着電センサがあるのかが問題になると思います。個性を調べてそのプロバビリティーを探る究めるも良いかと。

物音をLEDを光らせるおかげでに歯向かうが入り用なのと、合図を増幅させるアンプが入り用です。トランジスタを使うのが定石ですが、私はLEDを光らせる場合は大電流を流せるオペアンプを使うのが多いです。汝の電子回路の常識のレベルがわからないのでいずこから論説すれば良いかわかりませんが、声合図を増幅するアンプの回路は基本中の大本なので探せばいくらでも出てくると思います。

可視光通信とは

従来の無線で使っていた電波(目に見えない)の代わりに、目に見える波長・周波数の電波(可視光)を使って、情報を送信する仕組みです。リモコンで使っている赤外線での送信を、目に見える光でやって、色別に違う情報(データ)を流そう、という試みもしています。

課題となるのは、太陽光や照明などと、送信されてくる信号の区別をどうするか、送られてくるデータは照明器具など電力の大きなものを使えるが、送り返すデータを光通信で返すときの向きや光の強さ(消費電力)をどうやって確保するのか赤外線LEDは、10Ωの歯向かうを繋いで、3Vの電圧をかけています。

データシート、フォトトランジスタは、できればパーツはあのを使って行きたいので、あの以上のパーツを買うというのは、避けたいです。ほかのパーツ(NPNトランジスタ等)は揃っているので、問題はコレだけなんです。※歯向かう値はテスターで測っています。

補充フォトトランジスタに赤外線を当てれば、導通し、歯向かうが0Ωになるはずなんですが、あのが、0Ωにならず、万全に導通しない利益、電気がGNDに落ちず、常に回路が身動き状況になってしまうのです。あの以上のパーツを買っている貨幣は無い。という事柄です。あのと、収拾スピードもそれなりに速い達が良いです。飛翔ボディーを検出したい。


since2010 © The MSAD 48